VENETZIA 06

2010/03/31

VENETZIA 05

2010/03/27

VENETZIA 04

2010/03/26

VENETZIA 03

2010/03/22

people who pray for god

VENETZIA 02

2010/03/18

VENETZIA 01

2010/03/17


EPISODE 01

2010/03/14

私は絵がとても下手でした。

デッサンも、これといって上手いわけではなく

私よりも上手い人は

ほんとうに

たくさんいました。

それでも全ての課題をサボらずに出したのは

絵を描くことが好きだったから。

それと

「私は人一倍努力する必要がある」

と痛いほど感じていたから。

「課題なんて」「先生の言うことなんて」

そういう人もたくさんいました。

それでも、私はひたすら課題をこなしました。

いや、むしろやる必要があった。

課題に本気になってバカなヤツ。

そんな風に思っていた人もいたかもしれません。

でも、こんな狭い世界で頑張っていけなかったら

もっと広い社会に出たら、どうなる?

そう自分に言い聞かせました。

私の努力をひょいと

飛び越えて行く浪人生たち。

自分がいくら努力しても

ひょいと上っていく友達。

自分の力無さに

それはもう、落ち込みました。

でも

その上で私が学んだのは

「どれだけ上手く出来るか」

ということではなく

「出来ない自分がどれだけやれるか」

でした。

私には才能も、センスもありません。

たぶんふつうの女です。

だからこそ

人一倍やらなくてはいけない。

大学に入学したとき

「えらい世界に来てしまった」

と思いました。

こんな優劣が激しく分かる世界なんて。

こんなに人によって判断される世界なんて。

私は何ももっていなかったから辛かった。

それでも、ここに居続けようとしたのは、

デザインの世界に魅了されたからです。

それでもやっぱり

自分の無力さを痛感する毎日です。

もっともっと

デザインしたい。良いもの作りたい。

死ぬまで。

才能もセンスも

神様はくれなかった。

だからハミは

人一倍やって、やっと人並みなんです。

THE BASICS

2010/03/13

DRAWING 12

2010/03/10


DRAWING 11

2010/03/08