NY 04

2009/12/31


NY Times Square.

I wanna see the old year out and the New Year in there someday.

NY 03

2009/12/30



NY 02

2009/12/29


NY

2009/12/29

This is NY.

One years ago.

The Cruelty Of Barbary Allen

2009/12/26

「あるところにバーバリアレンという子どもがいました

バーバリアレンは、かけっこが苦手でした

じぶんの足がはやかったらどれだけいいだろうと思いました

もうすぐバーバリアレンのがっこうではかけっこをします

バーバリアレンはかけっこにでなくてはいけません

バーバリアレンはまいにち、れんしゅうすることにしました

まいにち、まいにち、

夜にひとりで、家のまえの坂で

まいにち、まいにち、

れんしゅうしました

増えていくバンソーコーの数

ひとより何倍もれんしゅうしました

さあ、かけっこの日です

みんないっせいにスタートしました

バーバリアレンは走りだしました

ぜんりょくで走りました

しかし

みんな

追いぬいていきます

みんな、みんな、バーバリアレンを追いぬいていきます。

ひと一倍れんしゅうしたのに

追いぬかれていきます

ちいさくなっていく みんなを見て

はじめて

バーバリアレンは

じぶんのどりょくなどちっぽけなことにきづいたのでした」

UT

2009/12/23

このTシャツのデザインで

UT一次審査、通過しました。

一次審査で200作品に絞られました。

ただ、

二次審査の通過は難しいことがわかってしまいました。

商品化についてのメールをもらってる人がいることがわかり

ハミのはちょっと厳しいのかも。。

それで

昨日は落ち込んでました。

でも、残念ながら

コンペの一つや二つで落ち込んでる暇なんてなく。。

落ち込むなんてこの世界よくあることなので、強引に立ち直りました。

UNOQLOが商品化しなかったことを後悔するぐらいのものを

これから作っていこう。

商品化の望みは薄いけど

それでも応援してくださる方は

良かったらこのページから

I LIKE THISボタンを押してもらえると喜びます。。

Please push this button.

http://ut.uniqlo.com/utcannes/#/item/649

今日で学校最後なのが寂しいです。

JUMP

2009/12/21



JUMP JUMP!!


どこまでもJUMP!!



今まで撮った写真の中で一番気に入ってる、かも。

初めて自分の頭の中にあるイメージを形に出来た写真

と言っても過言ではないくらい。


十文字先生も、「成長したってことだ。ベリーグーだぞ、松永」と言ってくれた。


もっと変な写真撮りたい。時間が欲しい。


実況中継してるアナウンサーとADみたいだね。










最後はADもJUMP!!


OPEN THE BLOG

2009/12/17

ブログ嫌いだった私がブログをはじめた。

やっとはじめた。

いよいよ自分の考えていることも変化してきて

考えなくてはならないことが、たくさん増えて、

それを避けて通ってはならないと思うようになった。

ブログを書くからと言って、他の人より多くの物事を考えてるとは

思わないけど

こうやって文字でひっそりと主義主張を密かに訴えるのは良いことだ。

自分が考えてること発言するっていうことは

ただ漠然と恥ずかしいと思ってたけど

それはもったいないことだって気づいた。

「ブログなんて絶対やらないなぁ」

と思っていた自分がこうやってブログをはじめていて。

いつか、PARTNERの取材で唐木田さんに

インタビューしたことがあるんだけど

何気ないインタビューのときに

『”絶対”なんてないと思ってる。人間って変わるから。』

という返答を聞いて

ふとした瞬間に確信的な言葉が耳に入って

びっくりした覚えがある。

本当にその通りで。。

それなら、

明日には変わるかもしれない考えを

記録として残しておくのもいいのかも。

幸い、作文も嫌いではなかったので。

画像は

半年くらい前に作ったTAU OPEN CUMPUS 2009のポスター。

多摩美のオーキャンを、旅に来たように楽しんでね

ってことで、だから、航空券。

まだまだ未熟者ですが

未熟者ながら、等身大の考えを書いていきます。

同年代の人が見たら「こいつはこんなこと考えてるんだ」とか思いながら

年上の方が見たら「生意気なこと言っちゃって」とか思いながら

あたたかく見てやってください。

This Blog’s SPECIAL THANKS: Naoki Nishimura – source-lab.note